ダイエット中にデリバリーを利用するのならば

>

食べた分を無かったことにする

ダイエットでの重要なことや失敗はわかったと思います。

では、次にデリバリーとダイエットについてご説明します。
デリバリーと聞くと出来上がっている食事ですね。
これらは出来上がっている分自分でカロリー調整をすることは困難です。
では、デリバリーはとらない方がよいのか。

いえ、とって食べても大丈夫です。
ですが、とったカロリー分ちゃんと消費することです。
カロリーの消費とはつまり運動です。
よく体を動かして食べた分のカロリーをエネルギーとして消費するのです。
それならば、いくら食べても食べていないのと同じですよね。

運動の目安としてショートケーキならばジョギング1時間、ラーメンならば約3km泳ぐ、ピザならば3切れ食べるなら2時間半体操をするとちょうどよいそうです。

デリバリーを注文するときは

では、デリバリーを頼む時の注意点をいくつかご紹介します。

デリバリーをとるなら肉や魚といったたんぱく質の多いものをとることがコツです。
もちろん、野菜なんかもバランスよくとりたいですね。
お弁当や丼物はどうしてもご飯が多くなりがちです。
おかずは食べても良いでしょうが、ご飯少し残すとよいでしょう。
その分、スープやサラダをプラスすればボリュームも満足できるはずです。

ピザやパスタはカロリーが高くなります。
どうしても食べたいのならばキノコや野菜が具材のものを選ぶとよいでしょう。
合わせてサラダやスープもつけるとなおグッドです。

やってしまいがちな失敗もあります。
デリバリーのものを食べた後にダイエットサプリを飲むから大丈夫という考え。
これも大いに間違っています。
サプリはあくまで補助するものです。
基本はバランスよく食べるに尽きます。


デリバリーとダイエットの両方をやりたいのならば

この記事をシェアする